傷や凹みがある車を売る場合の注意点

傷や凹みがある車は売る時どうする?

傷や凹みがある車を売る場合、そのまま査定に出したらそれがない状態よりも
査定額が下がってしまうということは容易に想像できると思います。

 

なのでもし傷や凹みがある場合、査定に出す前に自分でちょちょっと直そう!
いう人もいるかもしれませんね。

 

実際のところ傷や凹みは車の査定にどのような影響を及ぼすのか調べてみました。
当然のことながら車の査定項目の中に傷や凹みといった項目があり、
それがあれば査定の減点対象になってしまいます。

 

しかし、小さい傷というのは査定士の判断によって減点対象かどうか決まるそうです。
なので場合によっては細かい傷があったとしても減点対象にならないこともあるのです。

 

では、「大きい」「小さい」というのはどのようにして判断されるのかというと
1cm未満であれば小さい傷として判断されることが多いようです。

 

ですので、もし小さい傷で査定にマイナスの影響を与えるのが嫌な場合で
少し自分で手入れをするぐらいで修復できそうなものであれば査定前に
修復することがいいかもしれませんが、そのために修復に出すとなってしまうと
マイナス査定の金額よりも修復費のほうが高く付いてしまう可能性が高いです。

 

反対に、大きな傷や凹みの場合査定額が大きく下がってしまうこともあるので
場合によっては修復をしてから査定をしてもらったほうがいいケースもあるようです。

 

もし、傷や凹みが車の査定額に与える影響が気になるという場合は査定を申し込む前に
買取り業者や修理業者などの専門家に質問をしてみるのもいいかもしれません。

 

ただ、経験者の話を総合的に考えると、傷や凹みがある車を売る場合は
わざわざ自分で修復したりせずにそのまま売ってしまったほうがお得だという意見が多いです。

 

ですのでそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

 

 

>>>東京での車買取りで一番高値で買取してくれる店舗は?